読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千里眼で悩みを解決、未来を先取る!

某SNSで13000人の悩み相談サークルの管理人をしています。元証券マン、今は多くの人の助けとなるような仕事をしています。時事ネタ、投資ネタ、カウンセリング関係その他いろいろ書いていきたいと思います。

本日の相場の復習~暴落の始まりか~

こんばんは。

 

さしものの日経平先物も本日の夜間市場では下落していますね。

本日のマーケットのポイントは日銀のETFの買い入れ方法が変わった点です。

これまではTOPIX前場引け基準で0.2%下落しておれば日銀砲が打たれていました。しかし、今回は、前場引け基準でTOPIX比でわずか0.06%しか下落していませんでした。なぜ、このようなことになったのでしょうか。

 

理由は明白です。特に今月、株価が下落する日が少なかったため、過度に日銀砲を温存しすぎた結果、6兆円の購入枠を使い切れない可能性が出てきたからです。正直、「温存しとけ!」と思うのですが、言ってしまった以上、買わなければなりません。個人的にはなんと大アホな政策なのかと思いますが、もう行くところまで行きつくしかないのかもしれないですね。今日は少なくとも100円は下げるだろうと思いましたが、想像以上の強さでした。ソジェンが仕掛けているという話もありますが、今日の大引けなどは買い戻しなのかなとも思ってしまうような引けでした。

 

しかし、引けてからのキヤノン任天堂などの決算発表が悪かったからか、日経平均先物が大きく下落(といっても30円ほどですが)しました。もともと、今朝方に発表されたアップルの決算が予想以下ということで大きく時間外で売られていますが、今晩は大きく売られていくのではないでしょうか。

 

今年の出来高最小だったのが5月30日。その後、大きく売られています。一昨日は、今年2番目の出来高でしたが、その二の舞となるか!?今晩、大きく下がれば16500円まで調整するとみています。トランプ候補が大統領選の重要選挙区であるフロリダで二ポイント優勢になったこともじわじわ効いてくると思います。

 

こういうときには、先物でショートするか、プットオプションでも買っておきましょう!